作品概要

ナンバー1、1950(ラベンダー・ミスト)》は、画家のジャクソン・ポロックによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

ドリップ&スプラッシュ

1940年代後半、ポロックは「ドリップ&スプラッシュ」という手法を開発した。これを「シュルレアリストのオートマティスムに影響を受けた手法」と指摘する批評家もいる。絵筆とイーゼルを捨てたポロックは床にカンヴァスを広げ、棒やナイフ、その他の道具を使って塗料を滴らせたり、叩き付けたりすることで、カンヴァス一面に色彩をどんどん重ねていくようになった。ときには砂とガラスといった別素材を用いることもあった。

本作の特徴

本作『ナンバー1、1950(ラベンダーミスト)』は、ポロックの「革新的な画家」としての名声を一気に高めた作品である。長い白と黒のストロークと弧をなすように短くて鋭いドリップ、飛び散るようなライン、そしてエナメル塗料の分厚い染みが混ざり合い、物理的な動きと柔らかく軽快な感覚が見事に融合されている。ラベンダーが描かれていないにも関わらず、この絵の全体的な雰囲気を表現するために「ラベンダー・ミスト」というタイトルが付けられた。

基本情報・編集情報

  • 画家ジャクソン・ポロック
  • 作品名ナンバー1、1950(ラベンダー・ミスト)
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ナンバー1、1950(ラベンダー・ミスト)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。