作品概要

パースペクティヴ?:マネのバルコニー》は、画家のルネ・マグリットによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

『パースペクティヴ?:マネのバルコニー』は、エドゥアール・マネの『バルコニー(1868年)』?この作品自体ゴヤに触発されて描かれた?の構図をもとに描かれた奇妙な一枚だ。本作で、マネの作品の登場人物の姿を木棺に置き換え、異常で衝撃的なイメージを生み出している。手前の棺が膝を曲げ、椅子に座っているかのような「ポーズ」をとっているところまで同じである。擬人化されたオブジェで死を連想させることで、マグリットは心をかき乱すような死の警告(メメント・モリ)を見る者に与えている。

基本情報・編集情報

  • 画家ルネ・マグリット
  • 作品名パースペクティヴ?:マネのバルコニー
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • パースペクティヴ?:マネのバルコニーの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。