作品概要

星座、早朝に目覚める》は、画家のジョアン・ミロによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

ミロの作風

バルセロナ生まれのジョアン・ミロはスペインを代表するシュルレアリストとして有名。1920年、故郷のカタルーニャ地方からパリに移住した画家は、その地を拠点とするシュルレアリスムの詩人や作家たちの影響を受ける。画風としてはフォーヴィズムの明るい色彩とキュビズムの分割されたフォルムを組み込み、画家としての才能を伸ばしていったにも関わらず、ミロの作品にはカタルーニャ地方に伝わる民衆芸術の平べったい二次元的な要素が残っている。

本作の特徴

『星座、早朝に目覚める』は、紙にグワッシュと油彩で描かれた23枚の小さな連作のうちの15枚目にあたる絵だ。この小作品では、シュルレアリスムの影響を受けたミロの遊び心たっぷりのスタイルが味わえる。流れるような色彩の世界を、子供のいたずら書きのような生き物が漂っている姿をのびのびと描くことで、彼はオートマティスム(※)に秘められた想像力を探求している。

(※)オートマティスム
絵画や素描や文章の創作を、偶然や自由連想、抑圧された意識、夢、トランス状態などを利用して行う方法。無意識の手段に接触できる方法として特にシュルレアリストが特に熱心に取り入れた。

基本情報・編集情報

  • 画家ジョアン・ミロ
  • 作品名星座、早朝に目覚める
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 星座、早朝に目覚めるの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。