作品概要

》は、画家のジョアン・ミロによって描かれた作品。制作年は1934年から1934年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

サルバトール・ダリやマックス・エルンストら後進のシュルレアリストに大きな影響を与えたミロ。

本作《女》は1934年夏に完成した5枚のパステル画のうちの一つである。この年に生み出された絵画は、彼の「野生時代」の作品として有名で、影のある背景に醜く歪められた生物に似た形態漂う姿を描いているのが特徴である。

描かれた暴力性

本作では、誇張された女性器や挑戦的な睨み、むき出し牙のような歯により、これ以前の女性描写ではありえないほどの暴力性が生み出されている。

この作品が呼び起こす大きな恐怖感は、当時の政治的緊張の高まりや、迫りくるスペイン内戦と第二次大戦のへの不安に関連するものだ。3年後に完成するピカソの《ゲルニカ》にも見られるように、ミロもまた歪められた形態を「野獣へ退行してしまった人間」のメタファーとして用いている。

基本情報・編集情報

  • 画家ジョアン・ミロ
  • 作品名
  • 制作年1934年-1934年
  • 製作国不明
  • 所蔵メトロポリタン美術館
  • 種類油彩
  • 高さ106.7cm
  • 横幅71.1cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。