作品概要

愛の歌》は、画家のジョルジュ・デ・キリコによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

謎めいた景色

形而上派(スクオラ・メタフィジカ)の創始者であるデ・キリコの作品で最も有名なのが『愛の歌』である。右の建築物は地中海の古代都市からヒントを得たものであり、左の光景は当時当たり前だった煙突のついた屋根や機関車から吐き出された蒸気を想起させる。中央には壁がそびえ、その前方に巨大なギリシャ様式の頭部と光沢のある赤いビニール製の手袋があり、空間を分断している。暗い色の床に置かれているのは緑色の風船だ。

形而上派

デ・キリコは日常世界(=合理的な世界)の背後にある世界を表現した。画家の作品はどれも合理的な嗜好では割り切れない直観のような世界を、遠近感の強調したり、様々なモチーフを合理的ではない関係性(日常的ではない風景)で組み合わせたりすることで、現実を超えた超感覚的な未知の領域を広げていった。

基本情報・編集情報

  • 画家ジョルジュ・デ・キリコ
  • 作品名愛の歌
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 愛の歌の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。