作品概要

L.H.O.O.Q.》は、画家のマルセル・デュシャンによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

1916年、作家のフーゴ・バルが第一次世界大戦の恐怖への反動として起こしたのがダダイズムである。ダダの芸術家たちは、芸術におけるそれまでの伝統的な価値観を覆すことを目的とし、「レディメード」の物体を芸術作品として取り入れたこと、職人技という概念を否定したことで知られる。

デュシャンはダダの中心人物として人類の既存の価値観から生じた大戦をはじめ、当時の社会に警鐘を打ち鳴らしている。

既成の価値の否定

本作は見ての通り芸術の代名詞とも言える《モナ・リザ》に髭を付けた作品で、まさに過去の美的価値・伝統の否定をした。題名の『L.H.O.O.Q』とはフランス語読みの発音で「Elle a chaud au cul(「彼女はお尻が熱い」、つまり「性的に興奮した女性」といった意味となり、ウイットに富みながら、過激なタイトルを付けて既成の価値を否定することで、新たな見方の可能性に働きかけようとするデュシャンの意図が見て取れる。

ダダの影響

ダダの活動自体は短命に終わったが、彼らの活動は人間の理性外の領域に関心を向けたシュルレアリスムに影響を与えたし、さらに芸術の範囲を作品そのものから、芸術家の行動自体にまで拡張したことは、今日各地で頻繁に行われているインスタレーションにも大きな影響を及ぼしている。

基本情報・編集情報

  • 画家マルセル・デュシャン
  • 作品名L.H.O.O.Q.
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • L.H.O.O.Q.の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。