作品概要

聖パウロの肖像画》は、画家のマサッチオによって制作された作品。制作年は1426年で、サン・マッテオ国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『聖パウロの肖像画』はルネッサンス期のイタリア人画家であるマサッチオが1426年頃にて描き終わったと言われているパネル画作品である。この作品は現存するマサッチオの幾つかの作品と同様に、元々はイタリアのピサ地方にあるサンタ・マリア・デル・カルミネ教会の為に作成した祭壇画の一部であった。現在、この肖像画はイタリアのピサ地方に所在するサン・マッテオ国立美術館にて所蔵されている。

『聖パウロの肖像画』はキリスト教の聖人であるパウロを描いた肖像画である。この作品は現存するサンタ・マリア・デル・カルミネ教会の祭壇画を構成するパネル画達の中で、唯一教会が所在していたイタリアのピサ地方に残り、現在もそこで保管されている作品である。予測によると、この絵がまだ祭壇画の一部であった頃は、今はなき聖ペテロの肖像画の上にて飾られていた。また、この作品の下に位置していた『聖アンデレの肖像画』は現在アメリカのロサンゼルスにあるJ・ポール・ゲティ美術館にて所蔵されている。

この肖像画でマサッチオは聖パウロの腰から上の部分のみを描いている。聖パウロは赤い外套を着ており、観客の目を引くために、髪と口元に生えた髭は長く描かれている。マサッチオが描いたもう一枚の肖像画、『聖アンデレの肖像画』とは違い、『聖パウロの肖像画』はより一層デリケートなタッチで描かれている。この作品と比べると、マサッチオの他の作品はコントラストがより強く、彫刻的な仕上がりとなっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家マサッチオ
  • 作品名聖パウロの肖像画
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1426年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵サン・マッテオ国立美術館 (イタリア)
  • 種類パネル画
  • 高さ51cm
  • 横幅30cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 聖パウロの肖像画の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。