作品概要

聖ニコラスと聖ジュリアン》は、画家のマサッチオによって制作された作品。制作年は1426年で、ベルリン美術館絵画館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『聖ニコラスと聖ジュリアン』はルネッサンス期のイタリア人画家であるマサッチオが1926年頃にて描いたパネル画作品である。この作品はキリスト教の聖人である聖ニコラスと聖ジュリアンに関するストーリーを描いた一枚となっている。また、この絵もマサッチオの幾つかの作品と同じく、元来はイタリアのピサ地方にあるサンタ・マリア・デル・カルミネ教会の為に描いた祭壇画の一部であった。現在この作品はドイツのベルリンにあるベルリン美術館の絵画館にて所蔵されている。

『聖ニコラスと聖ジュリアン』は元々祭壇画の右側の部分に飾られており、今は行方不明となっている聖ニコラスと聖ジュリアンの肖像画の下に位置していた。右に描かれている聖ジュリアンは、ナイフを手に持ち自分の両親を殺そうとしている。彼は悪魔に騙されており、ベットで寝ているのは自分の恋人とその愛人であると認識している。左のシーンは聖ニコラスに関するストーリーで、彼は黄金のボールを手にしている。聖ニコラスがプレゼントとして上げた黄金のボール達によって、絵に描かれている三人の姉妹は結婚することができ、娼婦になる運命から逃れることが出来た。

この作品自体は2人の聖人に関する2つのストーリーを描いているが、マサッチオはその2つのシーンを見事に合併した。マサッチオは1つの視点を使い、2つのシーンをそれぞれ違う住居の中に置くことによって、絵の統一性を維持することに成功した。また、マサッチオの高度な色塗りテクニックもこの絵によって証明されている。聖ニコラス及び聖ジュリアンに関するこの2つのストーリーは、皆室内で起きていると同時に睡眠に纏わるお話である為、とても柔らかい特殊な色の表現を必要としている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家マサッチオ
  • 作品名聖ニコラスと聖ジュリアン
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 1426年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ベルリン美術館絵画館 (ドイツ)
  • 種類パネル画
  • 高さ21cm
  • 横幅61cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 聖ニコラスと聖ジュリアンの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。