作品概要

荒野の女》は、画家のアルフォンス・ミュシャによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

アールヌーヴォーの極地

ミュシャの成功を確実なものにしたのは、1895年に描いた人気舞台女優サラ・ベルナールのポスターだった。花に囲まれ、流れるようなドレスをまとった若く美しい女性を描くことが多く、そのスタイルはアール・ヌーヴォー(※)の極地と言われている。

本作の特徴

本作『荒野の女』はよく知られた彼の代表作とは異なる。描かれているのは、自らの運命を悟り絶望した様子で天を仰ぐロシアの農民女性。星が一つしか出ていない荒野に一人きりで、背後には獲物を狙う狼の群れが迫っている。『星とシベリア』としても知られるこの絵画にはミュシャのロシア人への共感が示されている。ボリシェヴィキ革命とそれに続く内線により、ロシア農民の大半が餓死することになった。彼らの苦境を知ったミュシャの反応がこの1枚に凝縮されている。
彼の作品で人気が高いのは特徴的なグラフィックアートだが、この味わいのある繊細な絵は、より感情的なレベルからこの世を描き出す彼の卓越した能力を示すものである。

※アール・ヌーヴォー
ヨーロッパとアメリカで1890年から第1次世界大戦期に人気を博した装飾的な様式で、美術、デザイン、建築に用いられた。様式かされた植物の花や葉の形を元にした、有機的で非対称的なモチーフが多い。

基本情報・編集情報

  • 画家アルフォンス・ミュシャ
  • 作品名荒野の女
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 荒野の女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。