作品概要

太陽光の中の風車》は、画家のピエト・モンドリアンによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

抽象画家になる前のモンドリアン

今日では抽象画家として広く知られるモンドリアンだが、元々は様々な表現様式を取り入れ、「絵画の主題はその描き方と同じくらい重要だ」と考えていた。画家は「この世の中を明確に描くことが芸術の役割だ」という信念の持ち主で、この信念の追求の結果、カンヴァスという2次元の世界により適した、独自の構図法を編み出すことになったのだ。印象派風の本作にさえ、画家はその風景ならではの美しさを純粋に、完璧に表現しようとしている。

本作の特徴

オブジェに降り注ぐ自然光を鮮烈に描いた本作は、印象派はもちろん、マティスやドゥランら野獣派の大きな影響が感じられる。さらにレンガの描き方はすでに抽象的な幾何学模様と鮮やかな色合いの組み合わせが見られる。だが、モンドリアンのことを「ただ面と線の調和のみ追求した形式主義者のひとり」と見なすと彼の本質を見失ってしまうことになる。画家が抽象表現に到達したのは、精神を通じて現実を見つめようとする視点を基本としたからである。彼のこの視点は、すでに本作の中にも感じられる。

基本情報・編集情報

  • 画家ピエト・モンドリアン
  • 作品名太陽光の中の風車
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 太陽光の中の風車の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。