作品概要

スィフト:動きの軌跡とダイナミズムの連続》は、画家のジャコモ・バッラによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

本作『スィフト:動きの軌跡とダイナミズムの連続』で彼が描き出したのは、明るいオレンジや黄色、緑、青、白のタッチを鮮やかに交えた、完全に抽象的なイメージだ。この絵は、バッラが1913年から1914年にかけて発展させた手法を見事に示した例と言えるだろう。動き及びダイナミズムの分析により、フォルムが完全に分解されている。
さらに、バッラの見事な反射の生み出す特殊効果も見逃せない。そうすることで画家はうねりを強調し、観る者の脳裏に強烈な印象を焼き付けている。最低限の曲線だけで構成されたイメージが、溢れんばかりの色彩の強烈な対比によって強調され、見る者にいきいきとした躍動感を感じさせる作品だ。

基本情報・編集情報

  • 画家ジャコモ・バッラ
  • 作品名スィフト:動きの軌跡とダイナミズムの連続
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • スィフト:動きの軌跡とダイナミズムの連続の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。