作品概要

アレクサンドロス大王とポロス王》は、画家のシャルル・ルブランによって制作された作品。制作年は1673?年から1673年で、ルーヴル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『アレクサンドロス大王とポロス王』は、17世紀後半のフランス美術・工芸において権威者となった、パリの画家・デザイナー・芸術理論家である、シャルル・ルブランによって、1673年に制作された作品である。シャルル・ルブランは、『アレクサンドロス大王とポロス王』の他にも、『アレクサンドロス大王のバビロニア入城』、『グラニコス川の横断』、『アルベラの戦い』の3作品を描いている。この4作品は、アレクサンドロスの生涯を描いたシリーズ作であり、3つの戦いのシーンと1つの勝利のシーンを描いている。

『アレクサンドロス大王とポロス王』には、歴史上の人物である、アレクサンドロス大王とポロス王が描かれている。

アレクサンドロス大王として知られている、アレクサンドロス3世は、古代ギリシャのアルゲアス朝マケドニア王国のバシレウス(君主)である。アレクサンドロス大王は、紀元前356年にマケドニア王国の首都ペラで生まれ、20歳という若さで、父ピリッポス2世から王位を継承した。アレクサンドロス大王は、君主としての大半の年月を、アジアと北東アフリカへのかつてないほどの軍事活動に費やした。また、アレクサンドロス大王は30歳までに、ギリシャからインド北西部にかけて、古代世界最大の帝国を創り上げた。

ポロス王(ポーラス王)は、古代インドの王の一人である。ポロス王は、現代のパンジャーブ地方(パキスタン)だと思われる地帯の領主であり、アレクサンドロス大王とヒュダスペス河畔の戦いを行った。ヒュダスペス河畔の戦いでポロス王は敗北した。しかし、アレクサンドロス大王はポロス王に感銘を受け、ポロス王に自身の王国の領主としての地位を変わらず与えるだけでなく、ヒュパシス川(現在のビアース川)までの地域の支配を任せた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家シャルル・ルブラン
  • 作品名アレクサンドロス大王とポロス王
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1673?年 - 1673年
  • 製作国フランス?
  • 所蔵ルーヴル美術館 (フランス)
  • 種類油彩
  • 高さ470cm
  • 横幅1264cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • アレクサンドロス大王とポロス王の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。