作品概要

ロスチャイルド像》は、画家のミケランジェロ・ブオナローティによって制作された作品。制作年は1500~1510?年から1500~1510?年で、フィッツウィリアム美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

16世紀に製作された2体の青銅像。豹に乗った裸体の男が彫刻された、ミケランジェロの作品である。

制作者の論争

最初の持ち主であるアドルフ・ド・ロスチャイルド男爵は、1878年、ミケランジェロの作品ではないという批判があったにもかかわらず、ミケランジェロのものとして展示。後継者であるモリス・ド・ロスチャイルドが逝去した1957年、2つの像はフランスの個人コレクターに買い取られた。

それから幾年もの間、ティッチアーノ・アスペッティやヤコポ・サンソヴィーノ、ベンヴェヌート・チェッリーニ、また、それぞれが所属する団体の者などの作品であるとされ、2002年にはチェッリーニの作品としてイギリスのコレクターに渡った。

にもかかわらず2012年、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツにてミケランジェロが関わる団体のものとして展示。専門家らがミケランジェロに関係するものではないと否定するなかのことであった。

ケンブリッジ大による結論

2015年2月、ケンブリッジ大学の研究チームは、この像をミケランジェロの作品であると結論付けた。証明の基盤となったのはまず、ミケランジェロの弟子が描いた図面。モンペリエにあるファーブル美術館に、この作品と詳細が類似するものがあったのだ。

加えて、スイスが実施した科学分析により、16世紀初めの10年の間に制作年されたことが明らかになったこと、ミケランジェロの他の作品と技法が類似していることなどがある。

ミケランジェロが彫刻した現存する青銅像は他に知られていないため、専門家たちはこの可能性に胸を躍らせた。とは言え未だ確定はされておらず、研究は続いている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ミケランジェロ・ブオナローティ
  • 作品名ロスチャイルド像
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1500~1510?年 - 1500~1510?年
  • 製作国
  • 所蔵フィッツウィリアム美術館 (イギリス)
  • 種類青銅像
  • 高さ?cm
  • 横幅?cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ロスチャイルド像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。