作品概要

聖ペテロの殉教》は、画家のミケランジェロ・ブオナローティによって制作された作品。制作年は1546年から1550年で、パオリーナ礼拝堂に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「聖ペテロの殉教」は、およそ1546年から1550年頃、イタリア・ルネサンスの巨匠ミケランジェロ・ブオナローティによって制作されたフレスコ画である。ローマのバチカン市国にあるバチカン宮殿内、パオリーナ礼拝堂に所蔵されている。

「聖ペテロの殉教」は、ミケランジェロが制作した最後のフレスコ画である。ミケランジェロは、ペテロがローマ兵士によって十字架にかけられる瞬間を描写している。ミケランジェロは、痛みと苦しみの描写に注意を傾けて描いている。人々の顔は、はっきりと苦痛に満ちている。

発見された自画像

1541年に、パウロ教皇がミケランジェロに、このフレスコ画を依頼し、パオリーナ礼拝堂で公開された。2009年に修復が完成したこのフレスコ画に、ミケランジェロの自画像と信じられている人物が発見された。フレスコ画の上部、左角に、赤い上着を着て、ブルーのターバンを巻いて立っている人物がミケランジェロである。ブルーのターバンは、髪の毛に埃を入れないために、ルネッサンスの彫刻家がよく巻きつけていたとされる。

学者ウォレスは、フレスコ画に遠近法の表現が加えてられており、ミケランジェロは、それを埋め込むことにより、建築的、環境的な意味をも勘案していると述べている。

しばしば、「聖ペテロの殉教」は「サウルの改宗」と一緒に議論される。主に、ふたつのフレスコ画は一緒に依頼されたというのが理由で、ひとつの絵が、もうひとつの絵の引き立て役として制作されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ミケランジェロ・ブオナローティ
  • 作品名聖ペテロの殉教
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1546年 - 1550年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵パオリーナ礼拝堂 (バチカン市国)
  • 種類フレスコ画
  • 高さ625cm
  • 横幅662cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 聖ペテロの殉教の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。