作品概要

バッカス》は、画家のミケランジェロ・ブオナローティによって制作された作品。制作年は1496年から1497年で、バルジェロ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《バッカス》という作品は、《ピエタ》と合わせて、ローマ初期にミケランジェロが製作した中でも、無事に保存されている作品のうちの一つである。

構図

作品は人間のサイズよりも幾分大きく、バッカス(ローマ神話のワインの神)を酔っ払ったように見せかけた描写で作られている。目をむき、よろけているような立ち方をしているのはバッカスだが、バッカスの左手からずり落ちているぶどうを食べている少年は、ファウヌスである。

その膨れた胸と腹部によって、バッカスの像はジョルジョ・ヴァザーリに対し「若い男の痩身さ、そして若々しく丸みのある女性の両方」を提案してみせており、その半男半女を描く技術はたびたび記録されている(ただし睾丸は膨れている)。

この像の構図は、プリニウスの『博物誌』で、「酔っ払ったバッカスと、サテュロス」と描写された、プラクシテレスによる失われた銅の像に影響を受けているようだ。不安定で未確定な感覚は、高い重心を持たせるという結果を生み、たとえばダビデ像やシスティーナ礼拝堂天井画などのように、後に多くの作品に見られた。

バッカスの図像

バッカスは、ツタの葉の花輪を被っている(しかし、多くの指摘の通り、ブドウの木の葉だとも言われている)。バッカスの右手にはワインの入ったゴブレットが、そして左手には虎の皮が握られている。

本来、そのゴブレットを握る手は崩れ落ち、ペニスはマーティン・バン・ヘムスケルクが1530年代が見る前に彫られていたというが、そのゴブレットは1550年代初めに復元された。

芸術史家のヨハネ・ワイルダーは、この彫刻の評価について、こうまとめている。「率直に言えば、これは神のイメージからは逸脱している」。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ミケランジェロ・ブオナローティ
  • 作品名バッカス
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1496年 - 1497年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵バルジェロ美術館 (イタリア)
  • 種類大理石彫刻
  • 高さ203cm
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • バッカスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。