作品概要

目覚める奴隷》は、画家のミケランジェロ・ブオナローティによって制作された作品。制作年は1520年から1523年で、アカデミア美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《目覚める奴隷》は、1525年から1530年に、ルネサンス期の芸術家ミケランジェロ・ブオナローティにより制作された、高さ2.67メートルの大理石像である。この像は、教皇ユリウス二世の墓廟のために作られた、未完の彫刻のシリーズ「囚人たち」の中の像のひとつである。

概要

現在は、フィレンツェにあるアカデミア美術館に所蔵されている。 ミケランジェロの《奴隷像》または《囚人像》として知られる像は、未完の状態にある有名な4つの像がある。これらには、多くのミケランジェロ作品の特徴である、「ノン・フィニート」と呼ばれる日常的な技法が、作品の随所に表現されている。

学者によれば、未完成の像は、ブロックの石から像を削りだすだけではない、物質から魂を明らかにしていくという、彼の「困難」の象徴である、ミケランジェロと大理石との複雑な関係性を表現している。

複数の奴隷像

《奴隷像》は、自身の墓廟のために教皇ユリウス二世によって依頼されたが、のちに教皇ユリウス二世は、システィナ礼拝堂を装飾することをミケランジェロに依頼したために気が変わり、彼の死後、教皇の甥が経費を節約するために墓廟のプロジェクトを修正した。これは、ミケランジェロがなぜたくさんの像を異なる未完成の状態のままにしたかという理由にもなっている。

霊廟のための像は、アカデミア美術館の奴隷像、ほかに、ヴェッキオ宮殿の《勝利》の像があり、もうふたつの奴隷像は、パリのルーブル美術館にある。アカデミア美術館にあるすべての未完の像における、ミケランジェロの方法論とカッティングのアイデアには、脱帽である。

《目覚める奴隷》は、奴隷像の中でも、もっとも印象的で力強い作品である。アカデミア美術館の展示室の左側にある最初の作品となっている。この像は、もがいたり、ひっぱったり、拳を握りしめたりして、大理石から飛び出そうとしているように感じる。ミケランジェロは、大理石に囚われた魂を自由にしようと試みている。肉体から自身を自由にするための男の永久の戦いは、魂を妨げる肉体と類似している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ミケランジェロ・ブオナローティ
  • 作品名目覚める奴隷
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1520年 - 1523年
  • 製作国不明
  • 所蔵アカデミア美術館 (イギリス)
  • 種類大理石彫刻
  • 高さ2.67cm
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 目覚める奴隷の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。