作品概要

燭台を持つ天使(聖ドミニコの石棺 )》は、画家のミケランジェロ・ブオナローティによって制作された作品。制作年は1494年から1495年で、サン・ドメニコ教会に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《燭台を持つ天使》は、1494年から1495年にかけて、ルネサンス期の芸術家ミケランジェロ・ブオナローティにより制作された大理石像である。高さは51.5センチである。

概要

《燭台を持つ天使》のあるサン・ドメニコ教会は、イタリア、ボローニャにある有名な教会のひとつである。サン・ドメニコ教会では、ドミニカ修道会の創設者である、聖ドミニコの遺骸が、非常に美しい聖骨箱に埋葬されている。

《聖ドミニコの墓》は、聖ドミニコの遺骸のための、精巧な彫刻などを施した大理石製の石棺を含む、大きな彫刻の建造物である。この建造物のデザインは、13世紀半ば、最初は、ニコラ・ピサーノに依頼された。後に、石棺の頂上を飾る建造物が、ニッコロ・デル・アルカによって加えられ、さらに後に若きミケランジェロが、3つの像を造った。

石棺の両端の角には、教会の4人の医者の像があり、また聖母と子供が正面中央に造られている。左のレリーフには、ドミニコが、馬から落ちた若い男を蘇らせたときの、聖ドミニコの奇跡が描かれている。左側のパネルでは、聖人の説教を描いている。

特徴

墓の左側にある天使は、ニッコロ・デル・アルカによるものであり、一方の右側は、ミケランジェロによる天使である。ニッコロの繊細な両性的な天使は、典型的な天使像であり、一方ミケランジェロは、のちの彼の作品の特徴となる筋骨たくましい天使像を作りあげている。ミケランジェロの天使像は、燭台も重く、よりがっしりとしたものとなっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ミケランジェロ・ブオナローティ
  • 作品名燭台を持つ天使(聖ドミニコの石棺 )
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1494年 - 1495年
  • 製作国不明
  • 所蔵サン・ドメニコ教会 (イタリア)
  • 種類大理石彫刻
  • 高さ51.5cm
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 燭台を持つ天使(聖ドミニコの石棺 )の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。