作品概要

聖プロクロス》は、画家のミケランジェロ・ブオナローティによって制作された作品。制作年は1494年から1495年で、サン・ドメニコ教会に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《聖プロクロス》の彫像は、ルネサンス期の芸術家ミケランジェロ・ブオナローティが制作した大理石彫刻である。高さは58.5センチである。

題材

《聖プロクロス》は、ボローニャにあるサン・ドメニコ教会に置かれている。ボローニャの殉教者である聖人プロクロスが題材となっている。

ボローニャの聖プロクロス、またの名を兵士プロクロスは、イタリアの聖人である。彼は、ディオクレティアヌス帝のもとにボローニャで殉教した、ローマの役人であったといわれている。聖プロクロスは、ボローニャ軍のパトロンであり、ボローニャでは、かなり古代から崇拝されている。

真偽

1494年に、ミケランジェロは、聖ドミニコの聖骨箱に置く《聖プロクロス》の像を、ドナテッロ、マサッチオらを模倣して彫った。
伝記作家アスカニオ・コンディヴィや弟子たちのあいだで、《聖プロクロス》は、本当にミケランジェロの作品なのかどうか、しばしば論争される。ボローニャにある2つの像、聖ペテロニウスや燭台を持つ天使のみであると言われている。

教会

《聖プロクロス》のあるサン・ドメニコ教会は、イタリア、ボローニャにある有名な教会のひとつである。サン・ドメニコ教会では、ドミニカ修道会の創設者である聖ドミニコの遺骸が、彼の石棺である非常に美しい聖骨箱に埋葬されている。

石棺はニコラ・ピサーノと助手アルノルフォ・ディ・カンビオによるものであり、後にニッコロ・デル・アルカと若きミケランジェロにより作品が追加された。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ミケランジェロ・ブオナローティ
  • 作品名聖プロクロス
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1494年 - 1495年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵サン・ドメニコ教会 (イタリア)
  • 種類大理石彫刻
  • 高さ58.5cm
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 聖プロクロスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。