作品概要

聖ペトロニウス》は、画家のミケランジェロ・ブオナローティによって制作された作品。制作年は1494年から1495年で、サン・ドメニコ教会に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《聖ペトロニウス》の彫像は、ルネサンス期の芸術家ミケランジェロ・ブオナローティが大理石で制作した作品。高さは64センチである。

造形

《聖ペトロニウス》は、ボローニャにあるサン・ドメニコ教会に置かれている。ボローニャ司教である聖人ペトロニウスが題材となっている。1494年に、ミケランジェロは、聖ドミニコの聖骨箱に置く《聖ペトロニウス》の像を、ドナテッロ、ヤコポ・デッラ・クエルチャらを模倣して彫った。

聖人ペトロニウスは、彼の手にシンプルな町の模型を抱えている。彼のあごひげは深く彫られており、眼窩はかなり深く窪み、眉毛のアーチは強い影を作り出している。はっきりとした立ち姿のモチーフにも関わらず、衣類に投げかけられる影は、生命の躍動感を与え、まるで聖人が大股で立ち去ろうとしているかのようにみえる。

物語

聖人ペトロニウスは5世紀のあいだ、ボローニャの司教であった。貴族のローマ人の家庭に生まれ、キリスト教へ改宗し、その後司祭になった。ボローニャの司教として、サント・ステファノ教会を建設した。聖ペトロニウスは、「町」の守護聖人である。

《聖ペトロニウス》のあるサン・ドメニコ教会は、イタリア、ボローニャにある有名な教会のひとつである。サン・ドメニコ教会では、ドミニカ修道会の創設者である聖ドミニコの遺骸が、聖ドミニコの石棺である非常に美しい聖骨箱に埋葬されている。

石棺はニコラ・ピサーノと助手アルノルフォ・ディ・カンビオによるものであり、後にニッコロ・デル・アルカと若きミケランジェロにより作品が追加された。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ミケランジェロ・ブオナローティ
  • 作品名聖ペトロニウス
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1494年 - 1495年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵サン・ドメニコ教会 (イタリア)
  • 種類大理石彫刻
  • 高さ64cm
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 聖ペトロニウスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。