作品概要

剣を持った少年》は、画家のエドゥアール・マネによって制作された作品。制作年は1861年から1861年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

モデルは義理の息子

本作では、少年がじっと前を見て立っている。彼は17世紀のスペイン宮廷に仕えた使用人の服装をまとっている。手にしている剣と剣ベルトは原寸大である。

作品のモデルとなったこの少年は、実はマネの義理の息子である。マネは1862年にスザンヌと結婚するのだが、彼女の息子がこのモデルだ。

ディエゴ・ベラスケスの影響を受けた作品

マネは、画家人生において、スペイン画家、ディエゴ・ベラスケスやフランス・ハルスの影響を大いに受けた。フランスの自然主義文学の小説家エミール・ゾラ(1840-1902)は、この作品はその典型だと評している。

後にこの作品は、フランスのディジョン市の画家とエッチング家のアルフォンス・レグロスによって再現された。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エドゥアール・マネ
  • 作品名剣を持った少年
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1861年 - 1861年
  • 製作国不明
  • 所蔵メトロポリタン美術館
  • 種類油彩 カンヴァス
  • 高さ131.1cm
  • 横幅93.3cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 剣を持った少年の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。