作品概要

読書》は、画家のエドゥアール・マネによって制作された作品。制作年は1865年から1873年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《読書》は、フランスの画家エドゥアール・マネによって描かれた油彩画である。エドゥアール・マネは、近代生活の様子や郊外の風景を写実主義ではなく印象派の画法で初めて描いた、19世紀初頭の画家の一人である。

来歴

この作品は、1880年にマネが定期的に開いていた個展にて初めて発表され、1884年、マネの死一年後に開かれた展覧会でも公開された。

最初の所有者はポリニャック公夫人ウィナレッタ・シンガーで、夫人の死後1944年まで彼女のコレクションだった。その後フランス政府へ寄贈され、ルーブル美術館に保管された。1974年にフランス、パリのチュイルリー庭園に位置するルーブル美術館経営のジュ・ド・ポーム国立美術館へ移動した。

1986年にオルセー美術館が開館すると同時に、他の多くの印象派作品と共にオルセー美術館へと移された。現在は、オルセー美術館5階の31番室にて見ることが出来る。

図像解説

作品には、二人の人物が描かれている。座っている女性はマネの妻スザンヌで、立って本を読んでいるのは息子のレオンである。レオンは、《草上の昼食》、《剣を持った少年》、《石鹸の泡》などの数点の作品においても描かれているように、マネの作品によく現れるモデルとなっている。

作品の大半を女性の白いドレスが占めており、ネックレスとベルトの暗い色調とは対照的に、ソファやカーテンは太い筆運びで明るさが強調されている。美術史家のピーター・H・フェイストによると、「マネは通常より繊細に感じ取ることで、多彩な白を見出している」と述べている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エドゥアール・マネ
  • 作品名読書
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1865年 - 1873年
  • 製作国フランス
  • 所蔵オルセー美術館 (フランス)
  • 種類油彩 カンヴァス
  • 高さ61cm
  • 横幅74cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 読書の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。