作品概要

年老いた音楽家》は、画家のエドゥアール・マネによって制作された作品。制作年は1862年から1862年で、ワシントン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《年老いた音楽家》は、1862年にフランスの画家エドゥアール・マネによって描かれた油彩画である。マネがスペイン絵画に影響を受けていた時期に制作された絵画であり、また、同時代のフランスの写実主義画家、ギュスターヴ・クールベの影響が見られる作品でもある。

この絵画は、マネの作品の中でも大きな作品の一つであり、現在は、ワシントン・ナショナル・ギャラリーに収蔵されている。

モデルについて

この作品は、風景と七人の人物で構成されている。そのほとんどは、実在した人物をモデルに描かれている。

中央にいる年老いた音楽家は、バイオリンを弾く準備をしている。この年老いた音楽家は、地元のジプシーバンドのリーダーのジャン・ラグレーンである。左側には、腕に赤ちゃんを抱っこして立っている若い女性と、二人の幼い少年が描かれている。

後方に立つシルクハットをかぶった男性は、屑拾いであり金物屋だったコラルデという人物である。右側には、ターバンと長いローブを身に着けた東洋人男性の一部が見える。この男性は、「さまよえるユダヤ人」の役を割り当てられたゲルーという人物である。

登場人物の姿勢や衣服は、ディエゴ・ベラスケスやルイ・ル・ナンから影響を受けているようである。

引喩

この絵画には、他の作品からの引喩が盛り込まれている。シルクハットの男性は、この作品よりも数年前に描かれた《アブサンを飲む男》と同じキャラクターであり、特に理由もなく、この絵画の中に再び登場している。麦わら帽子をかぶった幼い少年は、アントワーヌ・ヴァトーの《ピエロ》に明らかに影響されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エドゥアール・マネ
  • 作品名年老いた音楽家
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1862年 - 1862年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ワシントン・ナショナル・ギャラリー (アメリカ)
  • 種類油彩 カンヴァス
  • 高さ187.4cm
  • 横幅248.3cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 年老いた音楽家の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。