作品概要

ナナ》は、画家のエドゥアール・マネによって制作された作品。制作年は1877年から1877年で、ハンブルク市立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ナナ》は、フランスの画家エドゥアール・マネによって描かれた油彩画である。1877年に完成したこの作品は、同年のパリのサロンへの出展を拒否された。現在は、ドイツのハンブルク市立美術館に展示されている。

説明

火のついていない2本のろうそくのある鏡の前に立つ、若く美しい女性が描かれている。彼女は鑑賞者の方へと顔を向けている。衣服をきちんと身に着けておらず、白のシミーズ、ブルーのコルセット、シルクのストッキングとハイヒールを着用している。部屋の内装は、彼女の寝室であることを示唆している。

彼女の後ろには二つのクッションが置かれたソファーがあり、右端には上品に正装をして腰掛けている男性の一部分が見える。左側には、椅子、テーブル、花瓶が描かれている。

解釈

タイトルと多数のディテールから、この絵画は、高級売春婦と彼女の顧客を描いていると考えられる。タイトルの「ナナ」は、19世紀後半の売春婦に人気の偽名であった。今日においてさえ、フランス語の「ナナ」は軽薄な女性を表すのに使われている(あるいは単純に「女性」の隠語でもある)。

評価

マネはこの作品をパリのサロンに出展しようと考えていたが、モラルを軽視しているとみなされて却下された。当時のフランス社会は、このようなあからさまな売春婦の描写を受け入れることができなかった。評論家たちはこの作品の芸術的なクオリティを無視し、描かれている場面だけに注目した。

マネの擁護者の一人であるエミール・ゾラは、1880年にルーゴン・マッカール叢書の第9巻として、本作と同タイトルの小説「ナナ」を出版した。しかし、本作の完成から三年後に出版されたこの小説が、絵画のテーマやタイトルの選択に影響したという明らかな証拠はない。おそらくマネは、ナナというキャラクターが初めて登場したゾラの前書「L’Assommoir(居酒屋)」からインスピレーションを得たと考えられている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エドゥアール・マネ
  • 作品名ナナ
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1877年 - 1877年
  • 製作国フランス
  • 所蔵ハンブルク市立美術館 (ドイツ)
  • 種類油彩 カンヴァス
  • 高さ264cm
  • 横幅115cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ナナの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。