作品概要

フォリー・ベルジェールのバー》は、画家のエドゥアール・マネによって制作された作品。制作年は1882年から1882年で、コートールドギャラリー ロンドンに所蔵されている。

詳細な画像を見る

来歴

《フォリー・ベルジェールのバー》は1882年に制作され、パリのサロンに公開されたフランスの画家エドゥアール・マネの最後の主要作品である。パリのナイトクラブ ”フォリー・ベルジェール” を舞台として描かれている。
この絵画は本来、マネの隣人でもあった作曲家のエマニュエル・シャブリエが所有しており、ピアノの上に飾られていた。

評価

この作品は、当時の風景が詳細に描かれており、マネがリアリズムを受け入れたとされる良い例となっている。この作品の持つ多くの特徴は評論家たちを困惑させたが、ほとんどは理論的に説明されており、数多くの有名な学術論文の対象となっている。

遠近法に関する議論

中央のバーテンダーは鏡の前に立っている。しかし、評論家は「マネは遠近法に対して無知であり、この絵画の中には不自然な点が多々ある」と非難した。これは初期の評価が発表されて以来、討論されてきた問題である。

しかし、2000年にこの絵画のシーンが描かれたであろう位置から撮影された写真は、マネが描いたシーンを再現するものであった。この再現写真により、バーテンダーと男性が会話しているように見えるのは目の錯覚であることが明らかとなった。男性はバーテンダーの真正面に立っているのではなく、マネの視界の外、左側に立っており、バーテンダーを見ていないのである。

この絵画を見る限り、マネは鏡の右端に映っている男性よりもカウンターの近く、右側に立っているべきである。遠近法によって描かれた絵画を見る場合、通常の視点は中央であるが、これは珍しい逸脱である。

鏡の存在

現代の解釈者にとって、鏡の存在はきわめて重要である。この作品における鏡は、マネが敬服するディエゴ・ベラスケスの名作、《ラス・メニーナス》における鏡と同様の意味を持っている。この論題は、ミシェル・フーコーの著書「言葉と物」(1966年)の中で初めて話題に出されて以降、大きく発展した。

美術歴史学者のジェフリー・マイヤーズは、この作品における意図的な遠近法の使い方と鏡の扱いには明らかな違反があるとして、以下のように述べた。

「バーテンダーの後ろ、4.25フィート(約130センチ)に渡って絵画全体に広がっているのは、巨大な鏡である。フランスの哲学者モーリス・メルロ=ポンティは、鏡を『物体を光景に、光景を物体に、自分を他者へ、他者を自分へと変える普遍的な魔法の道具』と呼んだ。私たち鑑賞者はカウンターを挟んでバーテンダーの正面に立ち、彼女が見ている光景である鏡の反射を見る。評論家が『マネの下書きはバーテンダーを右側に配置しているが、完成した作品では彼女は中央に位置し、注意を引いている』と記したように、マネは彼女の位置を右側から中央へと変更した。しかし、マネは鏡に映る彼女を右側のままにした。鏡の中に映っている彼女は接客をしているようだが、正面から見ると、身を引いて距離を置いているように見える。」

モデルについて

この絵画には、当時の社会階級や文化的環境に関する要素が多く含まれている。バーテンダーの女性は実際にいた人物で、1880年代初期にフォリー・ベルジェールで働いていたスゾンという女性である。マネは彼女をモデルとしてアトリエでポーズを取らせた。

マネは、前景に描かれているオレンジの入った皿によってバーテンダーを売春婦であると表現している。美術史学者ラリー・L・リゴによると、マネは作品の中でオレンジと売春をよく関連付けたと言う。また、T・J・クラークは、このバーテンダーはフォリー・ベルジェールの売春婦であったことを意図して描かれたものであり、彼女は店員でもあり、酒と共に買われる商品でもある、と述べている。

描写の詳細

上部左端には、客の上でパフォーマンスをしているブランコ曲芸師の緑色の足が描かれている。

描かれているビール瓶は、赤の三角ラベルによって容易にバス ペールエールだとわかる。このイギリスの有名なブランドの商品はドイツビールの代替品であり、独仏戦争から10年を経た当時のフランスにおける反ドイツ感情を表現していると解釈されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家エドゥアール・マネ
  • 作品名フォリー・ベルジェールのバー
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1882年 - 1882年
  • 製作国フランス
  • 所蔵コートールドギャラリー ロンドン (イギリス)
  • 種類油彩 カンヴァス
  • 高さ96cm
  • 横幅130cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • フォリー・ベルジェールのバーの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。