作品概要

果物皿、本、新聞》は、画家のフアン・グリスによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

統合的キュビズム

フアン・グリスは優れた静物画の画家として知られる。実際、西洋絵画史全体を見ても、静物画において彼に匹敵する貢献をしたのはシャルダンやセザンヌ、モランディしかいない。そんな彼は1916年すでに分析的キュビズムから離れ、統合的キュビズムを手掛け始めていた。この新たな絵画手法は、彼が前から感じていたコラージュ手法への矛盾を解消するために発展させたものである。フォルムを細かく分割してもカンヴァスの向こう側に広がる世界を身近に感じさせるための手段として、1912年から作品に紙や布を使用するようになる。ラベルや新聞の切り抜き、壁紙などは絵画となじまない素材だったが、敢えて使用することでそれらと絵画の関係性を強調しようとした。

新たな絵画的発想

本作は、画家が初期のスタイルから離れ、新たな絵画的発想に興味を抱いていたことを示す作品である。テーブルの上に配されているのは、本物であるかのような皿、本、新聞、グラスだが、これらは全て異なる角度で描かれ、形が部分的に誇張されている。画家はこのような手法を用いた作品についてこう記している。「我ながら本当に前進していると思う。私の絵にはそれまで欠けていた統一感が宿るようになってきた。かつては悩みの種であったオブジェたちも、もはや私の気分を悲しませることはない。」

基本情報・編集情報

  • 画家フアン・グリス
  • 作品名果物皿、本、新聞
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 果物皿、本、新聞の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。