作品概要

ファラオと彼の執事とパン焼き》は、画家のヤコポ・ダ・ポントルモによって制作された作品。制作年は1515年から1515年で、ロンドン国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

これはイタリアのマニエリスム画家、ポントルモにより1515年頃に製作された、フィレンツェのボルゲリーニ寝室を飾ったパネルの一つである。それらのパネルは彼らは聖書にあるジョセフの生活を伝える。この寝室にはポントルモの『ジョセフ、ポテパルに売られる』、「ヨセフの兄弟が助けを求める」、「エジプトにいるヤコブとのジョセフ」、バッカチカの「ヨセフは兄弟たちを迎え入れる」、「兄弟を許すヨセフ」などがある。

ヨセフは刑務所にいる時ファラオの執事とパン屋の夢を見た。ここではパン屋は刑務所(右上)から執行場所(右)に導かれ、バトラーは階段を降りてファラオ(左下)に奉仕している。

執事の夢は、ヨセフが人生において進歩すると予言した。パン屋の夢はヨセフの死を予言した。パン屋の夢に良い予言が無かった事はヨセフのせいではない、なぜなら彼は通訳者に過ぎなかったのだ。予言を聞いたものが誠実に対処しなかったり不愉快な気持ちになったとしても、それは預言者の責任ではない。

ヨセフは彼を売った彼の兄弟たちをここに反映しているのではなく、また、彼の愛人や彼の上司による暗い過去を反映しているのでもないが、彼自身の無実をほのめかしている。この作品は、私たちが自分自身の事を明確に説明するように求められるとき、他人の悪口を口にする事を慎重に避けるべきだと説教しているようだ。自分で自分が無実であることを証明し、他人に罪悪感を着せないようにしたいものだ。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ヤコポ・ダ・ポントルモ
  • 作品名ファラオと彼の執事とパン焼き
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1515年 - 1515年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵ロンドン国立美術館 (イギリス)
  • 種類油絵
  • 高さ61cm
  • 横幅51.7cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ファラオと彼の執事とパン焼きの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。