作品概要

イエスの十戒》は、画家のパルミジャニーノによって制作された作品。制作年は1523年頃年から1523年頃年で、デトロイト美術協会に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《イエスの十戒》は、イタリアのマニエリスムを代表する画家パルミジャニーノによって、1523年頃、パルミジャニーノ当時20歳頃に描かれた作品である。

現在はアメリカ合衆国ミシガンに位置するデトロイト美術協会に保管されている。ルネッサンス時代の芸術家の伝記作家ジョルジョ・ヴァザーリによると、この作品は《イエスの十戒》であるとされている。しかし、このデトロイトにあるこの作品と、彼の伝記に記されている記録との内容が一致していない。1991年までは、この作品が本当にパルミジャーノ自身の描いた作品であるか、議論が続けられていた。

この絵画のシーンは、ルカ福音書に出てくる一場面である。生贄となっている2匹の鳩は、結婚の儀式に必要な浄化の意味をもっており、中心に位置する若いキリストは、たくさんの登場人物に囲まれている。左に位置する金髪の若い女性は《聖バーバラ》というパルミジャニーノの作品にでてくる女性と非常に似ている。彼女の後ろには談笑している二人、そして日の出が描かれている。そしてキリストを抱えている男性の手にはナイフが握られている。このナイフは生贄の儀式に使うナイフである。

奥に位置する礼拝堂のアーチ、また手前にいるのうさぎは、パルマにあるサン・ジョカーニ・エヴァンゲリスタ教会に飾られているパルジャミニーノフレスコ画に出てくるモチーフと共通している。 

現在はプラド美術館に保管されている作品。

家にある絵画、高額で売りませんか?

パルミジャニーノと思われる作品など、もし家に絵画や骨董品がある場合、こたろうで無料査定してみませんか?日本全国で出張買取可能、高額査定、現金支払いなど、メールや電話で気軽に査定することが出来ます。

骨董品・古美術品・絵画を無料査定
作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パルミジャニーノ
  • 作品名イエスの十戒
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1523年頃年 - 1523年頃年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵デトロイト美術協会 (アメリカ合衆国)
  • 種類油絵
  • 高さ42cm
  • 横幅31.4cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • イエスの十戒の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。