作品概要

アンテア》は、画家のパルミジャニーノによって制作された作品。制作年は1524年から1527年で、カポディモンテ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《アンテア》は、別名「若い女性のポートレイト」としても有名。マニエリスムを代表する画家、イタリアのパルミジャニーノによって、当時21歳、1524年頃から1527年頃にかけて描かれた作品である。

この作品は、1671年、イタリア・ローマに位置する最も美しい宮殿のひとつ、ファルネーゼ宮殿を誇る、ファルネーゼ家のコレクションの一部として記録が残っている。その後、パルマのピロッタ宮殿へと移され保管されていたが、第二次世界大戦の最中には、当時はドイツ軍によって支配されていたモンテカジノへと移動。そしてドイツ軍によってベルリンへ運ばれた。その後、オーストリアへと移ったのち、1945年、イタリアへ再び無事に返還された。

パルマのファルネーゼ宮殿に残された資料によると、このポートレイトの少女は、パルミジャニーがローマに滞在していた間に描かれた作品であり、彼が愛した女性アンテナであるとされる。彼女が身につけている衣装は、豪華な要素と、比較的庶民的な部分がミックスされている。そういった点から、彼女はパルミジャニーノの娘、もしくは恋人、どちらにせよ彼が愛した女性ということにはかわりない、という仮説が導かれている。

また、この作品ののちに描かれた、パルミジャニーノの代表作の一つである《長い首の聖母》(1534年)に描かれている、中央に登場している天使の一人の表情と、アンテアの表情が全く同じ表情に描かれている。

これは意図的な画法であり、この画法は、この時期の画家の間で流行していた画法である。

家にある絵画、高額で売りませんか?

パルミジャニーノと思われる作品など、もし家に絵画や骨董品がある場合、こたろうで無料査定してみませんか?日本全国で出張買取可能、高額査定、現金支払いなど、メールや電話で気軽に査定することが出来ます。

骨董品・古美術品・絵画を無料査定
作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パルミジャニーノ
  • 作品名アンテア
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1524年 - 1527年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵カポディモンテ美術館 (イタリア )
  • 種類油絵
  • 高さ136cm
  • 横幅86cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • アンテアの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。