作品概要

グランド・ジャット島の日曜日の午後》は、画家のジョルジュ・スーラによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

時代背景

1880年第、下位中流階級の人々は、日曜の午後になるとパリ郊外のグランド・ジャット島に集まり、川辺の散歩やピクニックを楽しんだ。このような題材は印象派の画家たちが流行させたものだが、その芸術運動が波及した、はかなく、自発的なものをスーラは決して受け入れることはなかった。本作制作のために、前もって油彩スケッチや線描画を70点以上描き、入念に構図を組み立て、単純化した幾何学的形態を強調した。

特徴

カンヴァスを賑わせている40人ほどの人物のほとんどが、横顔か正面を向いている。人々には動きがほとんどなく、無言で凍りついたように見える。多くの人物が、一般的に知られるパリ人像として描かれている。「現代の生活を古代ギリシアのフリーズのスタイルで表現することが目的だ」とスーラ自身が述べている。作品全体の印象は、意図的であるにしても、そうでないとしても、夢のようで、印象深く、完全に現実離れしている。

基本情報・編集情報

  • 画家ジョルジュ・スーラ
  • 作品名グランド・ジャット島の日曜日の午後
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • グランド・ジャット島の日曜日の午後の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。