作品概要

四つの寓話》は、画家のジョヴァンニ・ベリーニによって制作された作品。制作年は1490年から1504年で、アカデミア美術館 (ヴェネツィア)に所蔵されている。

詳細な画像を見る

四つの寓話は、イタリアのルネッサンス時代のマスター、ジョヴァンニ・ベッリーニのガレリー・デル・アカデミアの4つの小パネル絵画のシリーズ。

「忍耐/Perseveranza「思慮/Prudenza」「虚偽/Menzogn」「幸運/Fortuna」4つの作品はすべて彼らはすべて34(忍耐)または32×22 cmである。もともと4つのパネルは画家ヴィンチェンツォ・カテナが所有する小さなクルミ材の鏡台の為の装飾として制作された。彼はそのキャビネットをアントニオ・マシリに捧げた。当時、このタイプの道徳的人物の描かれたキャビネットは大変人気で、1489年にヴェネツィア上院によってその数を抑える命令状が発行されるほどだった。このような連続作品はベッリーニの作品の中では珍しいものであり、数々の名作(ウフィツィ美術館の聖なる寓話、アカデミア美術館にある他のベニーニの連続作品、他者によって書かれた幸運の寓話等)と同時に度々言及されている。

「忍耐」では、プトゥー(ふくよかな子供の形をした天使)に引かれるワゴンに入った果物を、プトゥーが正義感にあふれた戦士に捧げている様子が描かれている。この作品は性欲を隠喩した寓話とも言われてる。

「幸運」では、球を抱く女性がプトゥー(ふくよかな子供の形をした天使)に囲まれ不安定なボートに乗っている様子が描かれている。

「思慮」では、裸の女性が鏡を指差している様子が描かれている。長年うぬぼれの象徴として解釈されてきたが、それは議論されている。

「虚偽」では、男(女性を描く代わりに)が貝(嘘の屈曲の象徴)から脱出しようとする様子が描かれている。蛇(冤罪の象徴)で武装し、彼は、台座の上から知恵の道を歩み始めようとする隠居のような姿のものと戦っている。
また、貝がこの時代肯定的なシンボルだったのでこの作品は「知恵の美徳」とも解釈されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ジョヴァンニ・ベリーニ
  • 作品名四つの寓話
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1490年 - 1504年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵アカデミア美術館 (ヴェネツィア) (イタリア)
  • 種類油絵
  • 高さ32cmcm
  • 横幅22cmcm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 四つの寓話の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。