作品概要

受胎告知(1430年)》は、画家のフラ・アンジェリコによって制作された作品。制作年は1430年から1430年で、サンタ・マリア・デレ・グラツィエ修道院に所蔵されている。

詳細な画像を見る

この絵は、イタリアトスカーナの画家、フラ・アンジェリコの祭壇画である。15世紀前半のフィレンツェを代表する画家であり、本名はグイ-ド・ディ・ピエトロ (Guido di Pietro) (1400-1455)で、フラ・アンジェリコは「修道士アンジェリコ」を意味する通称である。修道士として、「聖者のような」画僧生活をおくったアンジェリコは、宗教的モチーフを題材とした絵画を描く才能に優れていたことから「ベアート・アンジェリコ(福音アンジェリコ)」と呼ばれていた。

『受胎告知』は主イエスの生誕の逸話の中で、大天使ガブリエルが聖母マリアに、神の母になることを告げる場面である。

フラ・アンジェリコの「受胎告知」は、この絵が唯一ではなく、アンジェリコは数多くこのテーマで作品を残している。サンタ・マリア・デレ・グラツィエ修道院に収蔵されているこの画は、彼の3枚の大きなプレートとして作られた二番目の物である。他にはプラド美術館所蔵の「受胎告知」、司教区美術館所蔵の「受胎告知」がある。

プラド美術館所蔵の「受胎告知」は、国際ゴシックの特徴を色濃く残すが、これに比べてこの作品は、より優雅で人間味の溢れる表現となっている。司教区美術館所蔵の「受胎告知」との比較では、最大のポイントは庭の緑、天使の衣の金使いやピンク色、そして、マリアの衣の青と赤など、色彩の豊かに彩られている点である。そして床や壁にも様々な明るい色が施されており、床には繊細な大理石が沈みかえった星空のように描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フラ・アンジェリコ
  • 作品名受胎告知(1430年)
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1430年 - 1430年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵サンタ・マリア・デレ・グラツィエ修道院 (イタリア)
  • 種類フレスコ画
  • 高さ195cm
  • 横幅158cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 受胎告知(1430年)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。