作品概要

新信者の洗礼》は、画家のマサッチオによって制作された作品。制作年は1425年から1428年で、サンタ・マリア・デル・カルミネ大聖堂ブランカッチ礼拝堂に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『新信者の洗礼』はルネッサンス期のイタリア画家であるマサッチオが1425年から1428年にて作成したフレスコ画作品である。現在この作品はマサッチオの数多くの作品達と共に、イタリアのフィレンツェ地方に所在するサンタ・マリア・デル・カルミネ大聖堂のブランカッチ礼拝堂にて展示されている。また、『新信者の洗礼』も礼拝堂に飾られている他の作品と同じく聖ペテロに関するストーリーを語っている。

『新信者の洗礼』はブランカッチ礼拝堂の中央セクションにて展示されており、具体的な場所としては右の祭壇の後ろの壁に飾られている。福音書の言い伝えによると、ペンテコステの後に聖ペテロはイエス・キリストの名によって洗礼を受けるよう人々を説得し始めた。この作品の中でも聖ペトロはボウルを手にしながら、洗礼を始めている。聖ペテロの後ろに立つ2人の男性は典型的なシャペロンを頭に付けており、フィレンツェの人であることを象徴している。そして、彼らの高く個性化された顔から見ると、この2人はフィレンツェの有名人であるのではないかと推測されている。

また、絵に描かれている聖ペトロの周りを囲む群衆の中には腕を抱えながら、寒さで震えている若者の姿も見当たる。ジョルジョ・ヴァザーリは自分の書内にてマサッチオが描いたこの青年を高く評価しており、高度な写実主義であると賞賛していた。絵画に描かれている全ての人物像達は光と影の完璧な関係を通じて、自然と深みを持たされている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家マサッチオ
  • 作品名新信者の洗礼
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1425年 - 1428年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵サンタ・マリア・デル・カルミネ大聖堂ブランカッチ礼拝堂 (イタリア)
  • 種類フレスコ画
  • 高さ255cm
  • 横幅162cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 新信者の洗礼の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。