作品概要

影の聖母》は、画家のフラ・アンジェリコによって制作された作品。制作年は1440年から1450年で、サン・マルコ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

このフレスコ画は、15世紀前半のフィレンツェを代表する画家フラ・アンジェリコの作品である。フラ・アンジェリコは、本名はグイ-ド・ディ・ピエトロ (Guido di Pietro) (1400-1455)で、フラ・アンジェリコは「修道士アンジェリコ」を意味する通称である。

この作品は、フィレンツェのサン・マルコ修道院(現サンマルコ美術館)の2階東廊下の壁に描かれている。聖会話の形式が取られており、サン・マルコ修道院の重要な庇護者であるコジモ・デ・メディチに敬意を表したものであることが分かる。聖母マリアの左手のそばには、コジモ・デ・メディチの守護聖人である聖コスマスが描かれている。しかし、コジモ・デ・メディチ自身はこのフレスコ画を見ることはできなかった。なぜなら修道士だけが入ることのできる区域にこの絵があったからである。この絵は、宗教的な役割を果たしており、この絵の前で毎朝ミサが行われていて、夜には一晩中ろうそくの火で照らされていたと言われている。

聖母マリアは幼児のイエスとともに王座に座っており、その両サイドを対称に聖者たちが囲んでおり、彼らの描かれている距離感やジェスチャーから会話をしているような様子が描かれている。

フラ・アンジェリコは、この作品の背景を壁で閉ざし、壁につけられた縦溝のある柱とコリント式の繊細な柱頭が、影を壁に映し出している。修道士の個室に描かれたフレスコ画とは異なり、この作品は瞑想のための絵ではなく、文字通りの祭壇画である。フレスコ画の下には色大理石を模したプレートが置かれ、これが祭壇の役割をはたしている。

この作品を作るに当たり、フラ・アンジェリコは伝統的なフレスコ画の技法とは異なる石灰乳の技法を使っている。そのため、よりいっそう明るい白が表現された。この絵は「影の聖母」という名称だが暗い絵ではなく、光に満ちており、名称の由来である影の部分でさえ透明感があり、フラ・アンジェリコの特徴的な色と光が表現されている作品である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フラ・アンジェリコ
  • 作品名影の聖母
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1440年 - 1450年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵サン・マルコ美術館 (イタリア)
  • 種類フレスコ画
  • 高さ195cm
  • 横幅273cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 影の聖母の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。