作品概要

》は、画家のピエール=オーギュスト・ルノワールによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

二つの画風の混在

本作はルノワールの画家としての重要な成長を視覚的に記録した作品と言える。この作品は2回の時期に分けて、別の時期に描かれたと考えられているが、ルノワールはその時期に印象派から離れ、より形態を重視した画風に変わり始めている。

画風の差異

一般的には、1870年代の後半に、まず右側のグループが描かれたと見られてる。女性と少女たちは柔らかいタッチで描かれていて、カンヴァスに対してほとんど平坦に見える。対照的に画面の左側は、色よりも線や形と言ったより伝統的な観念に対する関心の高まりを示している。前景の若い女性まなの人物は、まだ滑らかに描かれているが、はっきりとした輪郭線が立体感を生み出していることから、この部分は1885年に近い時期に描かれたと考えられている。

基本情報・編集情報

  • 画家ピエール=オーギュスト・ルノワール
  • 作品名
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 傘の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。