作品概要

神秘の降誕》は、画家のサンドロ・ボッティチェリによって描かれた作品。制作年は1500年から1501年で、ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《神秘の降誕》は、1500年から1501年に描かれた、イタリア・ルネッサンスの巨匠サンドロ・ボッティチェリによる絵画であり、ロンドンのナショナル・ギャラリーにある。

画家の信仰

ボッティチェリはキャンバス地にこの油絵を描いた。この作品は唯一の署名された作品であり、キリストの降誕の珍しい図像である。

上部にはギリシャ語の銘文があり、このように書かれている。「この絵は、1500年の末、ひとつの時代とその半分の時代の後の、イタリアの混乱の中、わたしアレッサンドロが描いた。ヨハネの黙示録・第11章によれば、悪魔が解き放たれるという3年半の間、黙示録の第2の災いのときに描いた。そして悪魔は、第12章にあるように、鎖につながれ、この絵画のように“葬られる”のを我々は見るであろう。」

逸話

ボッティチェリは、同時代のヨーロッパの変動のため苦難のうちに生活しており、おそらく、聖書で述べられているキリストの千年王国の予言を信じていたと思われる。この絵画は、サヴォナローラの影響を受けたという可能性を考察されている。その影響は、後のボッティチェリの多くの絵に現れている。

けれども、この絵の内容は、それを依頼した人によって指定されたのかもしれない。この絵画では、幼いイエスと聖母マリアを周囲の人物よりも大きく描かれている。初期のボッティチェリが、グラフのような正確な遠近図を使ったようにあえて効果を狙うため、中世の方式に則って描かれている。

基本情報・編集情報

  • 画家サンドロ・ボッティチェリ
  • 作品名神秘の降誕
  • 制作年1500年-1501年
  • 製作国不明
  • 所蔵ナショナル・ギャラリー (イギリス)
  • 種類キャンバス、油彩
  • 高さ108.6cm
  • 横幅74.9cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 神秘の降誕の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。