作品概要

反逆者たちの懲罰》は、画家のサンドロ・ボッティチェリによって描かれた作品。制作年は1481年から1482年で、システィーナ礼拝堂に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《反逆者たちの懲罰》は、1480年から1482年に、イタリア・ルネッサンスの画家サンドロ・ボッティチェリによって制作されたフレスコ画であり、ローマのシスティーナ礼拝堂に保存されている。

礼拝堂の壁画

1480年10月27日に、ボッティチェッリはフィレンツェの画家たちと共にローマへ向かった。ローマ教皇シクストゥス4世と、当時のフィレンツェの事実上の支配者、ロレンツォ・デ・メディチとの間の和解案としてローマへ呼ばれたのである。フィレンツェの画家たちは、1481年の早くも春に、すでにローマにいたピエトロ・ペルジーノと共にシスティーナ礼拝堂の壁画制作を開始した。

壁画のテーマは、旧約聖書から新約聖書へと続く「モーセの物語」と「キリストの物語」であり、並行して描かれている。一連の壁画は、神の御言葉と、神々しい立法であり、また神は、後継者としてペテロ(ローマ最初の司教)を選んだ。このことは結果として、後の後継者を、ローマ教皇とする由来となった。

ボッティチェッリは、多くの助手に助けられ、3つの場面を描いた。1482年2月17日、礼拝堂の装飾を完成させるための他の場面を含め、ボッティチェッリの契約は改められた。しかし、同じ月の20日に、ボッティチェッリの父が亡くなったため、彼はフィレンツェに戻り、そこにとどまった。

図像

この絵画は、3つのエピソードと、モーゼとアロンに逆らうユダヤ人の反逆者の話を描いている。絵画の右側では、エジプトからの移民で、その苦難に幻滅した反逆者たちが、モーゼに石を投げつけようとしている。

ヨシュア(キリスト)が、モーゼと反逆者達のあいだに立ち、石からモーゼを守ろうとしている。中央には、モーゼと、教皇の王冠をかぶった司祭のアロンによって追い払われる、コラと共謀する反逆者たちが描かれている。左には、大地が裂け、ふたりの共謀者がそこへ沈んでいく。

コラの息子たちは、神の怒りを免れている。この絵画の意図するメッセージは、明確である。教会を超えて、教皇の権威を疑うことは誰にも許されないというものである。教皇権の権力は、当時は、ときに疑いをかけられていた。

基本情報・編集情報

  • 画家サンドロ・ボッティチェリ
  • 作品名反逆者たちの懲罰
  • 制作年1481年-1482年
  • 製作国不明
  • 所蔵システィーナ礼拝堂 (イタリア)
  • 種類フレスコ画
  • 高さ348.5cm
  • 横幅570cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 反逆者たちの懲罰の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。