作品概要

死の島》は、画家のアルノルト・ベックリンによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

空想の出発点

象徴主義の画家ベックリンは題材を精密に描く事を可能な限り避けて、鑑賞者が絵の中に独自の意味を見いだすように仕向けているが、ベックリンの空想の出発点は、たいていの場合、古典文学に由来している。例えば、棺に付き添う頭巾を被った人物は、死者の魂を黄泉の国に船で運ぶ船頭のカロンを思い出させる。

本作の影響力

『死の島』はあらゆる点で、画家が望んだ以上の影響力を発揮した。ラノマニノフの楽曲に影響を与え、アドルフ・ヒットラーを魅了した。ヒトラーは画家が描いた5つのバージョンのうち1つを所有していて、ボリス・カーロフが主役の映画のセットに使った。また映画エイリアンのデザイナーとして知られる、スイスの芸術家ギーガーもこの作品に着想を得て、現代風の解釈を生み出した。

死の島 ギーガーギーガー作 死の島

基本情報・編集情報

  • 画家アルノルト・ベックリン
  • 作品名死の島
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 死の島の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。