作品概要

ヴィーナスの誕生》は、画家のオディロン・ルドンによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

象徴主義の画家ルドン

19世紀から20世紀への変わり目には、美術と文学における象徴主義の兆候が、ヨーロッパ中で見受けられた。フランスにおいて、目に見える形で、この運動と結びついた画家が、オディロン・ルドンだった。ルドンはじめ象徴主義者たちは、芸術を通して現代の工業化社会から逃れる方法を探していた。

前例のないスタイル

ルドンは前例のないスタイルを作り上げ、常に自然の風景を陰鬱なビジョンや異様な幻想へと作りかえていった。『ヴィーナスの誕生』では、よく知られていた古典的な神話を独自の解釈で描き出している。このイメージは20世紀の初めに描き始めた作品に特徴的なもので、この頃のルドンは、それまでの暗いイメージを捨て、色とりどりのパステル画や油彩画を制作するようになった。この絵のヴィーナスは独特な描かれ方をしていて、まるで洞窟の中にいるかのように、その輪郭部分が強調されている。背景は非現実的で、ヴィーナスがどこにいるのか判然としない。空とも海とも、貝殻の中とも考えられる。ルドンは、その解釈を鑑賞者の想像に委ねている。

基本情報・編集情報

  • 画家オディロン・ルドン
  • 作品名ヴィーナスの誕生
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ヴィーナスの誕生の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。