作品概要

ミューズの神々》は、画家のティントレットによって制作された作品。制作年は1578年から1578年で、ロイヤル・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

『ミューズの神々』は、イタリアのルネサンス画家、ティントレットによって、1578年に制作された作品である。『ミューズの神々』は、ギリシア神話のミューズの神々たちを描いている。

また、『ミューズの神々』は、1627年に、ドゥカーレ宮殿(北イタリアの街、マントヴァにある)の廊下に、『アハシュエロスの前のエステル』(ティントレット作)と並んで掛けられている作品として、マントヴァ公爵であった、グリエルモ・ゴンザーガのコレクションの目録に記録されている。

その後、『ミューズの神々』は、ゴンザーガのコレクションから、イングランド王のチャールズ1世の手に渡った。

王政復古で、英国王室の人々の手に再び渡る前に、『ミューズの神々』は、チャールズ1世の処刑時に、80ポンドの値がつけられて売却された。現在は、ケンジントン宮殿に飾られている。

(チャールズ1世は、イタリア・ルネサンス絵画の熱心なコレクターであったが、1649年に処刑され、その際にコレクションが売り払われてしまっている。しかし、1660年の王政復古の際に、チャールズ2世がコレクションの殆どを取り戻している。現在は、イギリス王室が所有する、美術品コレクション『ロイヤル・コレクション』の一作である。)

描かれた9人の女神は、元々詩や歌、踊りのインスピレーションを与える女神として解釈されていたが、段々と自由七科(人が持つ必要がある技芸の基本)の象徴となっていった。太陽として表現されたアポロ(太陽神ともいわれる)によって、『天球の音楽』も象徴している。

ティントレットの広範囲に及ぶストロークは、驚くほど自由な姿勢をとった、女神たちの力強く鮮明なヌード姿を描いている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ティントレット
  • 作品名ミューズの神々
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1578年 - 1578年
  • 製作国イタリア?
  • 所蔵ロイヤル・コレクション (イギリス)
  • 種類油彩
  • 高さ206.0?cm
  • 横幅310.3?cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ミューズの神々の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。