作品概要

オルフェウス》は、画家のギュスターヴ・モローによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

象徴主義の古典へのアプローチ

ギュスターヴ・モローは、象徴主義の先駆者の一人で、19世紀後半のフランス芸術において大きな役割を果たした。『オルフェウス』は初期の成功作の一つで、この絵でモローは画家として公に認められた。

この時期最も有名だった芸術の反逆者たち(写実主義や印象派の画家たち)は、古典的な神話や歴史的場面を使い古された表現で描く伝統芸術に強く反発した。しかし、モローのような画家たちは、このようなアプローチを新しいもので置き換えるよりも、作り変えることを選んだ。神話、宗教、文学などの主題を用いて、感情や精神的な内容を扱い、エロティックなもの、邪悪なもの、神秘的なものに興味を示している。

題材

オルフェウスは神話に登場するトラキアの詩人であり、その名高い音楽の才能で、人間だけでなく、動物、木々、岩々までも魅了する。ワインの神ディオニュソスに使える気性の粗い巫女、メナードたちは冷たく拒絶されたため、怒り狂ってオルフェウスを八つ裂きにし、その亡骸をヘブロン川に投げ捨てた。しかし、流されながらも、その頭は悲しげに歌い続けた。画家はこのシーンを鑑賞者の想像力を掻き立てる手段として作りかえ、夢のような背景の中で、若い女性に助け出された音楽家の頭は、自身の楽器と融合している神秘的な光景に描き上げた。

シュルレアリストの解釈

本作だけでなく、切断された頭、もの憂げな詩人、不吉な魔性の女など、刺激的なイメージは画家の作品に繰り返し現れ、象徴主義者やシュルレアリスとの心を捉えた。フロイト派の精神分析に熱心なシュルレアリストは、このイメージを性的不能や去勢への恐怖と読み解いている。

基本情報・編集情報

  • 画家ギュスターヴ・モロー
  • 作品名オルフェウス
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • オルフェウスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。