作品概要

奴隷の奇跡》は、画家のティントレットによって制作された作品。制作年は1548?年から1548年で、アカデミア美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『奴隷の奇跡(『聖マルコの奇跡』とも言われている)』は、イタリアのルネサンス画家、ティントレットによって、1548年に制作された作品である。現在は、北部イタリアのヴェネツィアにある、アカデミア美術館に所蔵されている。

『奴隷の奇跡(聖マルコの奇跡)』は、元々グランデ・ディ・サン・マルコ同信会館のために依頼され、制作された作品である。

『奴隷の奇跡(聖マルコの奇跡)』には、ヤコブス・デ・ウォラギネ著の『黄金伝説』(イエス、マリア、天使ミカエルのほか、100名以上にのぼる、聖人たちの生涯が章ごとに紹介されている)から引用された、聖マルコ伝のシーンが描かれている。

聖者の遺蹟の巡礼をしていたばかりに、奴隷が今にも殺されようとしているところへ、それを阻止するために現れた聖マルコが、場面上部には描かれている。

(敬虔なキリスト教徒である奴隷が、主人の許可を得ず、聖マルコの墓を詣でたために、死刑を宣告されて殺されようとしていたところ、天井から聖人が飛来し、奴隷を救ったという言い伝えを元に描かれたシーンである。)

ティントレットの芸術への様々な影響が、『奴隷の奇跡(聖マルコの奇跡)』の中で見ることができる。

ミケランジェロのような、美術解剖学(主に人体を中心とした、生物の解剖学的な構造を美術制作に応用するための知識体系)的な構造をとる一方(『奴隷の奇跡(聖マルコの奇跡)』は、徹底的な具象絵画とされている)、鮮やかで色彩豊かな色使いは、ヴェネツィア派の特徴が表れている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ティントレット
  • 作品名奴隷の奇跡
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1548?年 - 1548年
  • 製作国イタリア?
  • 所蔵アカデミア美術館 (イタリア)
  • 種類油彩
  • 高さ416cm
  • 横幅544cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 奴隷の奇跡の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。