作品概要

プロセルピナ》は、画家のダンテ・ガブリエル・ロセッティによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

題材

古代ギリシア・ローマ神話で、プロセルピナは農業の神女神ケレスの娘で、黄泉の国の神であるプルートはこの娘に恋をし、自分の暗い領地へと連れ去ってしまう。怒り狂ったケレスは、全ての作物が成長できないようにすると脅し、取引が成立する。捕えられている間、何も口にしなければ、自由のみになれるという取り決めであった。不運にもプロセルピナはザクロの種を4つ食べてしまったため、1年のうち4ヶ月を黄泉の国でプルートの花嫁として過ごさなければならなくなった。

モデル

画家のプロセルピナは憂い沈んでいるように見える。隙間から一筋の陽光が黄泉の国に差し込んでいて、失った自由を思い出させる。この題材はロセッティにとって個人的な思い入れがあった。プロセルピナのモデル、ジェーン・モリスに恋をしていたのだ。しかし、彼女は画家仲間のウィリアム・モリスと結婚していた。

基本情報・編集情報

  • 画家ダンテ・ガブリエル・ロセッティ
  • 作品名プロセルピナ
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • プロセルピナの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。