作品概要

包帯をしてパイプをくわえた自画像(耳を切った自画像)》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

包帯をしてパイプをくわえた自画像とは、1889年1月にフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた絵画。油彩。「耳を切った自画像」と表記されることがある。

スタブロス・ニアルコスのコレクションとされるが、現在は明らかにされていない。アルル在住時にいわゆる「耳切り事件」の直後に描かれたものだと言われる。

この作品と同じ構図でパイプのない作品「Self-Portrait with Bandaged Ear」がある。こちらの作品の背景には浮世絵らしきものが描かれている。こちらも「耳を切った自画像」と表記されることがある。ロンドンのコートールド・ギャラリー所蔵。

基本情報・編集情報

  • 画家フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名包帯をしてパイプをくわえた自画像(耳を切った自画像)
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 包帯をしてパイプをくわえた自画像(耳を切った自画像)の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。