作品概要

ダンス教室》は、画家のエドガー・ドガによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

画風

ドガが自分のスタイルを確立したのは1870年代前半のことであった。現代的な題材を描きたいという印象派と同じ熱い想いを持ちながらも、バレエや劇場といった劇的な世界を描いたドガの作品には、一種の刺激が加わっている。一方で、巨匠たちやアングルを深く敬愛する、傑出した素描家でもあった。そのことは、この作品にもはっきりと見られるドガの人間形態への関心を育むのに役立った。画家はアトリエでポーズをとる踊り子たちのデッサンを重ね、熱心に準備した。その生き生きとした筆遣いや、淡く明るい色調は印象派の典型とも言える。この作品には伝統的なアプローチと現代的なアプローチを組み合わせ、日常生活に新しい地位を与えている。

構図

ドガに限ったことではないが、印象派の構図には日本の版画からも影響を受けている。日本の版画には、枠の位置で対象を切り落とす「断ち切り」の構図が劇的に使われているが、ドガはこの作品をはじめ、作品全般でこの構図を用いている。

《ダンス教室》の基本情報

  • 画家エドガー・ドガ
  • 作品名ダンス教室
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 編集情報

  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ダンス教室の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。