作品概要

スザンナと長老たち》は、画家のティントレットによって制作された作品。制作年は1555年から1556年で、美術史美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『スザンナと長老たち』は、ヴェネツィアの画家、ティントレットによって1555年から1556年に描かれた作品である。

ティントレットは、(ジョヴァンニ・バティスタ・ロブスティの息子として生まれたため)ロブスティまたは(ティントレットの作風の激しさから)イル・フリオーソという名でも知られている。

ティントレットは、ヴェネツィアの「黄金時代」として知られる時代に、神聖なものと世俗的なもの、両方を題材に描いていた。

『スザンナと長老たち』は、ダニエル書(旧約聖書の一つ)の、スザンナのエピソードの場面を描いている。

絵には、若い既婚女性スザンナが小さなプールの端に腰かけ、入浴の準備をしている様子が描かれている。スザンナは、彼女の夫の知人である、二人の長老たちに好色な視線を向けられている。好色な長老たちは、スザンナがいる庭にある、薔薇の格子垣の裏側に隠れるように描かれている。長老たちは彼女を見つめつつ、庭の中に一人でいるスザンナを捉える機会を伺っている。

『スザンナと長老たち』は、ティントレットだけでなく、美術史の中で頻繁に描かれている。スザンナのそばには、白い真珠や銀の宝飾、シルクのショール、銀の水差しも描かれている。『スザンナと長老たち』は、ティントレットの傑作の一つだと考えられている。

スザンナの身体は、暗い薔薇の格子垣と暗い水と、巧みな方法で対比されており、三点で三角形を形成している。

やや無理のある、薔薇の格子垣の遠近感の描かれた方は、鑑賞者を場面へと引き込み、背景のアーチを通して、新しい景色が開けており、作品に深みを加えている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ティントレット
  • 作品名スザンナと長老たち
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1555年 - 1556年
  • 製作国イタリア?
  • 所蔵美術史美術館 (オーストリア)
  • 種類油彩
  • 高さ146cm
  • 横幅194cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • スザンナと長老たちの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。