作品概要

天の川の起源》は、画家のティントレットによって制作された作品。制作年は1575年から1580年で、ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

『天の川の起源』は、イタリアの後期ルネサンスを代表する画家、ティントレットの作品である。『天の川の起源』は、ジャン=バプティスト・コルベールのコレクションを経て、オルレアン・コレクションとして、現在はロンドンのナショナル・ギャラリーに所蔵されている。また、『天の川の起源』はキャンバスに描かれた油絵で、およそ1575年から1580年にかけて制作された。

神話によると、幼かったヘーラクレースは、彼の異母姉妹であるアテーナーによって、ヘーラ―の元へ連れて行かれた。

(ヘーラクレースは、ギリシア神話の英雄であり、ギリシア神話の主神である、全知全能の存在ゼウスとアルクメーネーの子である。日本語ではヘラクレスと表記される場合も多い。

アテーナーは、知恵、芸術、工芸、戦略を司るギリシア神話の女神であり、ゼウスとメーティスの子である。日本語ではアテネ、アテナと表記される場合も多い。アテーナーは、「都市の守護女神」として崇拝されていた。

ヘーラ―は、ギリシア神話に登場する最高位の女神であり、ゼウスの妻の一人である。ヘラ、ヘレと表記される場合も多い。)

ヘーラ―はヘーラクレースに同情して授乳したが、ヘーラクレースの乳を吸う力が強かったため、ヘーラーは痛みのあまりヘーラクレースを突き放した。

ヘーラーの乳は天国へと飛び散り、そこには天の川が形成された。神聖な乳によって、ヘーラクレースは超自然的な力を得た。(ヘーラーの乳には人間の肉体を不死身に変える力があり、ヘーラクレースはこれを飲んだため、超自然的な力を発揮することとなった。)

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ティントレット
  • 作品名天の川の起源
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1575年 - 1580年
  • 製作国イタリア?
  • 所蔵ナショナル・ギャラリー (イギリス)
  • 種類油彩
  • 高さ148cm
  • 横幅165cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 天の川の起源の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。