作品概要

サルダナパロスの死》は、画家のウジェーヌ・ドラクロワによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

ドラクロワ

フランスロマン主義の最大の巨匠と称されるドラクロワは、彼が生きた時代には単なる一人の画家に過ぎなかった。彼も古典主義の要素を保持していたが、大胆かつエネルギッシュな筆遣いと、独自の豊かな色使いと、異国情緒を好み、それが彼を時代の先駆者の地位に押し上げる。

サルダナパロス

大作サルダナパロスの死は、激しい動きと贅沢とも言える色使い、異国的な奔放さが観者の感情に押し寄せてくる。サルダナパロスは古代アッシリア帝国の伝説上の人物で、極端に退廃主義に偏る支配者であった。自軍の大敗を恥じ、巨大な薪の山を築かせて火を放ち、自らの火葬場としたのだが、その祭に宮殿の宝物も、愛人や奴隷たちも全て道連れにしてしまう。ドラクロワはこのようなパイロンの戯曲を大変好んだ。

表現

写実も遠近法も構成の一貫性も放棄したらしく、情熱的な色と忍び寄る熱い火のために息苦しい悪夢のような世界の中で、人間のねじれた体と宝物が渦巻いている。光を放つ宝物とたっぷりとした布地が細部まで描き込まれて無節制な贅沢を表現しているが、それとは逆にサルダナパロスが周囲の騒ぎを見つめる冷たい視線は不気味である。ここで画家は実験的に人間の肌を灰色と青のトーンで描き、それが彼の型破りな人体描写を確立していった。狂気のエネルギーを大胆不敵な色使いで表し、同時に暴力的場面を躊躇なしに追求したその姿勢が、後世の画家たちに多くを語ることになる。

基本情報・編集情報

  • 画家ウジェーヌ・ドラクロワ
  • 作品名サルダナパロスの死
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • サルダナパロスの死の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。