作品概要

ヴァルパンソンの浴女》は、画家のジャン=オーギュスト=ドミニク・アングルによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

制作時のアングル

本作は画家がローマ賞を獲得し、ローマ留学の初期に制作した作品の一つ。何世紀にも及んだルネッサンス期の貴著な芸術作品あふれる環境にいながら、その伝統を打ち破る見事な仕上がりである。モデルを特定化せずに後ろ向きに座らせ、状態を少しねじらせて背中をあらわにさせた。こうすることで観者は浴女と目を合わせることなく、客観的に鑑賞することができる。アングルの女性ヌードは、後期のものほど正面を向くようになり、観者と目を合わせるポーズが多くなっていく。

象徴的意味

本作では色を多用せずに、緑、クリーム、茶のトーンに変化を加えて使用し、左のカーテンから背景の布、ベッドカバーと画面の右に移動するにつれて明るくなっていく。このグラデーションの変化が入浴の表す象徴的意味、つまり魂の洗浄と純化に呼応する。モデルが風呂場から離れるほど白く、つまり清くなっていくのである。

基本情報・編集情報

  • 画家ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル
  • 作品名ヴァルパンソンの浴女
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ヴァルパンソンの浴女の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。