作品概要

ポンパドゥール侯爵夫人》は、画家のフランソワ・ブーシェによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

若い妖精や羊飼いの娘を主題にした数々の神話がで名をなしたブーシェは、女性の魅力を絵に留めることに長けていた。同時に、女性心理の誠実な部分を描き出す技術も持ち合わせていた。画家は夫人の特殊な地位(妾にして政治力あり)をうまく肖像画に反映させている。女王のように豪奢にもせず、飛び抜けた美人にも描いていない。本を携える姿で強調したのは、彼女がむしろ知性あふれる才覚の持ち主であったことである。

基本情報・編集情報

  • 画家フランソワ・ブーシェ
  • 作品名ポンパドゥール侯爵夫人
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • ポンパドゥール侯爵夫人の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。