作品概要

十字架上のキリスト》は、画家のアントネッロ・ダ・メッシーナによって制作された作品。制作年は1475年から1475年で、アントワープ王立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

アントワープ王立美術館が所蔵するアントネッロ・ダ・メッシーナの「十字架上のキリスト」には、画面左下の巻紙に彼のサインが残されている。

絵の中心に描かれた十字架上のイエス・キリストは、作品の中で際だつように縦長に置かれている。一方、その脇で刑に処される罪人二人は、十字架ではなく曲がりくねった木の上で磔にされている。イエスのすっきりとした十字架像にくらべると、罪人二人はゆがんだ印象を与えている。

十字架の足下には、嘆き悲しむ聖母マリアと聖ヨハネの姿がある。聖母マリアは泣く力も失われたかのように正体なく座り、聖ヨハネはこちらに半ば背を向けるようにしてキリストに祈りを捧げている。

また、地面には骸骨、フクロウ、蛇など、「死」を象徴するものが描かれている。

ドラマの背景には、湖や城、古代ローマの遺跡を思わせる荒廃した街、人々と動物の姿が見える。生と死の世界がくっきりと浮かび上がるようなこの画風は、作品制作当時の1475年に、アントネッロ・ダ・メッシーナがヴェネツィアに滞在していたことが大きな影響を与えている。このような背景は、当時の北イタリアで流行していたからである。背景に描かれているのは、ヴェネト地方の一部と言われてきた。また、この作品の後に描かれたロンドン・ナショナルギャラリー所蔵の「十字架上のキリスト」には、さらにくっきりと当時のヴェネト地方の背景というのが通説であったが、近年の研究でアントネッロ・ダ・メッシーナの故郷であるメッシーナ海峡を見下ろす丘と、地形が一致した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アントネッロ・ダ・メッシーナ
  • 作品名十字架上のキリスト
  • 英語名未記載
  • 分類絵画
  • 制作年1475年 - 1475年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵アントワープ王立美術館 (ベルギー)
  • 種類油彩
  • 高さ59,7cm
  • 横幅42,5cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 十字架上のキリストの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。